屋根

総額 約180万円+税

+

リフォーム前のお困りごと

雨漏りしていて困っています。。。

雨漏りしていて困っています。。。

  • 自分で直すのに、限界を感じています。
  • 室内、室外に症状が出ています、
  • 費用はやっぱり高額になるんですよね。

この屋根が、こんなに良くなりました

ベランダ・屋上を防水工事で改修しました。

ベランダ・屋上を防水工事で改修しました。

工事をしてもらって本当によかったと思いました。
この工事をした後、大雨が降って不安だったのですが、今まで弱い雨でも漏れていた場所からの雨漏りが止まっていました。
もちろんそのあとの夕立や、台風でも雨漏りがなくなりました。
心の荷が軽くなりました。

豊田市堤町N様邸はRC造で屋根は陸屋根になっていました。
下地がコンクリート板になっていて、非常に頑丈なのですが、つなぎ目が割れていたり、表面の防水塗装の隙間から雨の侵入が確認出来ました。
長期間雨が入っていたために、軒裏の下地の腐食も多数あり、木の下地を入れ替えを行いました。
今回は下地の状態からDマット工法を選択いたしました。

【工事前状況】




ベランダの建築当初の塗膜防水は劣化をしていました。
そこを補修した跡が多数見受けられます。
膨れが発生している箇所は侵入した雨が水蒸気になる際に膨らませたのだと考えられます。

【防水工事】


細かなクラックはカットをして、樹脂モルタルを充填します。


特に下地の劣化が激しい箇所は全体に樹脂モルタルを塗布した後施工を行いました。


防水の工法はDマット工法で行いました。

RC造等で下地の動きが少ないこと、勾配があったり、立ち上がりが大きかったりするので、すべての防水層をつないでいけるこの方法は豊田市堤町のN様邸には最適な工法になっています。



通常のウレタン塗膜防水と、FRP防水を合わせたような工法で、防水塗膜と、強靭なFRPとをサンドイッチするような工事方法です。
塗膜防水にはなかった強度を付けることが出来ます。


防水層を作った後はトップコートをせこうして完了になります。


雨漏りで軒裏の下地は大きく腐食をしていました。


塗膜の剥離している箇所はスクレーパーにて剥がしていきます



クラック部分はモルタルにて補修を行いました。



腐食している軒天は張替を行い塗装をして仕上げます。




施工詳細

施工概要 豊田市堤町N様邸屋上ベランダ防水工事(2019年施工)
お住まい 豊田市堤町
出会いのきっかけ リピート依頼
物件 戸建て (築40年)
リフォーム箇所 屋上ベランダ
使用材料 ディップルーフィング ウレタン塗膜防水 Dマット工法
ガイソーウォールフッ素4F
ジョンキングNAD
リフォーム期間

担当スタッフ

「屋根」の事例 全ての事例


住まいのリフォーム ヤマハナ

所在地:愛知県豊田市元宮町6-55-1
(アクセス・地図 →)

0120-86-8087

AM 10:00 ~ PM 6:00(月曜定休)